無線LANを使えば自分で安いプランを決められる

subpage1

無線LANは、元々有線と比較すると通信速度が遅いというデメリットがありました。


そのため、通信速度を期待するためには有線にして工事をして回線を引っ張ってもらわないといけなかったわけです。



しかし、無線LANの規格が徐々に進化してきた傾向もあって、このような不便さが無くなってきました。

むしろ、安く利用することができるというメリットもでてきましたので、特にインターネットをそれほど使わない層にとっては非常に安いサービスとして人気を集めるようになったのです。
そもそも、無線LANのサービスは容量を大きく必要としてしまうようなサービスと相性が悪いという側面がありました。


代表的なのが、高画質の動画やゲームなどです。



データを受信するために多くの容量が必要になってしまいますので、スムーズにインターネットを楽しむことができないというデメリットがありました。



そのため、こういった大容量のデータが必要になる層は元々無線LANを利用しないという側面があったわけです。そうした安いサービスを期待する人たちに対して無線の技術はどんどん進化していきました。

実際に、受信する容量を自分で決めることができますので、サービスプランを安い方向に設定することも難しくはありません。

特に、携帯デバイスと併用できるキャリアであるのならば、より金額を小さくしてくれる可能性もあります。無線は携帯のキャリアによって発達した背景がありますので、こういった業者を使えばさらに安値で使うことができるわけです。