自宅で無線LANを使う場合に必要になる物と料金

subpage1

自宅で無線LANを使ってインターネットに接続する場合には、固定回線の契約とプロバイダの契約が必要になります。



光回線などの固定回線を契約しておらず、自宅にインターネット環境がない場合には、新たに光回線などの契約が必要になるので注意が必要です。
固定回線を契約する場合には、通信速度の速さなどから光回線を選択されることが多いです。



基本的には光回線とプロバイダの2つを別に契約して料金も別で支払いますが、中には光回線とプロバイダがセットになっているプランもあります。



光回線はプロバイダとのセットで、月額4000円から5000円程度の場合が多いです。


料金は定額制となっているので使用量で月額料金が変動することがなく、使用量に関しての制限もないので自由に無線LANが使えます。
パケットとはどれだけ使用しても月額の使用料は一律なので、自宅では無線接続で固定回線を使用すれば、スマートフォンの通信料の節約に役立てることも可能です。異なりプロバイダとの契約時に無線LANルーターをレンタルした場合には、月額料金にレンタル料が上乗せされることもあります。
既に固定回線を契約している場合には家電量販店やネット通販などで、無線LANルーターや中継器などの機器を購入して、接続や設定をするだけで利用できるようになります。無線LANルーターや中継器自体は買い切りなので、固定回線やプロバイダ以外の月額料金や使用料などは一切発生しません。

難しくない無線LANの料金

subpage2

インターネットが家庭にまで普及しだした当初のころは、ルーターとパソコンをLANケーブルでつないでネットに接続するのが一般的な方法でありました。しかし、無線LANが登場したことによって、昨今ではワイヤレスインターネット接続のほうがメインとなってきつつあります。...

more

無線LANの料金の話!

subpage3

インターネットを使用する際には有線LANと無線LANがありますが、無線の場合は接続が途切れることもありますので料金システムにばらつきがあることも確かです。このため、料金の安すぎる無線LANだと接続障害が起こる場合がありますから、契約する前にはインターネットの速度がどれくらいなのかを確かめておくようにしましょう。...

more

初心者向き安い無線LAN

subpage4

無線LANは、元々有線と比較すると通信速度が遅いというデメリットがありました。そのため、通信速度を期待するためには有線にして工事をして回線を引っ張ってもらわないといけなかったわけです。...

more

人に言いたい安い無線LAN

subpage5

無線LANの料金は、固定回線と違って小さな料金になっていることが非常に多いです。これは、自分で使う分だけのデータ容量に設定することができるため、安い費用で利用することができるという側面が存在するからです。...

more